若手女性監督と長期出張でルームシェア

  •  1
  •  2
コメント  読み込み中 


カレンは卒業して入社しました。今回は礼儀正しく親切な支配人・武田さんとの出張だったが 電気系統の故障で突然新幹線が止まり、カレンと支配人は乗客を雇うことになった。 彼女は家に帰れなかったので、彼女のパートナーが酔っ払ってしまい、カレンは眠ってしまったので、武田にホテルまで車で送ってもらうことになりました。 彼女のボーイフレンドは、彼女でした。非常に動揺して電話をかけたが、竹田の電話に出た人はさらに疲れていた。ホテルに戻り、竹田が決して出てこないのを見て、部屋は一部屋しかないから今夜は彼女と泊まるようにと彼女に言いました。 何かがおかしいと知りながら、何もする前に、男 部長は急いで彼女を性交し、すべての精液を彼女の中に射精しました。終わった後も、彼は止まらずに彼女を何度も平手打ちした。裸で、何度も絶頂を迎え、手の届かない深淵で恋人に触れる悦びが、男を徐々に全てを忘れさせていく。彼女は武田のチンポが自分の性欲を満たそうとしていると考えられる。その夜、二人は愛し合い、武田は8回目の射精を彼女の中にしましたが、カレンはまだ満足していませんでした。